蔵の朝の作業

 


蔵の朝の作業


 


酒屋なので、仕込み風景をネタにしましょう<(^´)>

 


今日も冷え込んだ、8時 外は3°蔵は5°蒸し米を取り出し、放冷(米の温度を冷やす)作業 米は温かいというよりは、熱いhot!米の中に手を突っ込み、裏返しにする、素早くしないと手に米が付いてヤケドしそうだ!この蒸し米で麹を造るのである。


 


 



 


ある程度冷めたら、麹室に引き込んで、広げます。

暫くして、麹種を降ります。この作業は次回紹介します。


 



 


今度は、タンクに蒸し米を入れます。今日は留添え!蒸し米が放冷機で冷やされて、エアーシューターでタンクへ送られます。


 


二人で櫂を入れる(蒸し米を入れた時一所に固まらないように攪拌する)

結構、この作業はキツくて(特に留添えは量が多いので)いい汗をかきます。


 



 


これ以外も、あるのですが 折を見て紹介します。


 


十三代蔵主

スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

潜龍酒造

Author:潜龍酒造
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR