一日の朝

『一日の朝』


 


毎月一日には、諸々の神様に、酒と水と榊(さかき)をお供えし祈願します。


 


松尾様」これは一日以外も拝みますが、松尾様とは酒蔵で祀られているいわゆる「酒造りの神様(女神)」です、 だから女性が蔵に入ると松尾様がやきもちを焼いて酒を腐らせると言われ、女性は入室禁止とされてました。


 


それも昔の話で、今じゃ女性杜氏もいるんです!


 



 


「お稲荷様」 これは説明しなくていいでしょう!商売繁盛


 



 


「和合神様」これは、平戸藩10代藩主 松浦 熈(ひろむ)公がお建てになった神仏合体の神様です。当家では毎年11月に「一族、仲良くするようにと」お祀りしています。因みに住職がりん(鐘)を鳴らして「一礼一拍手一礼」という儀式である


 



 


「お荒神様」です。火の神様で、弊社では釜場(米を蒸す所)の側にあります。蔵は古い建物なんで漏電等で火事にならないよう念入りに祈願しております。


 


 


 


十三代 蔵主

スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

潜龍酒造

Author:潜龍酒造
FC2ブログへようこそ!

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR